社員証の活用

社員証は、会社員にとって社外での身分証明書の役割を果たしてくれる大切な存在になっています。
また、オフィスでのドアロック解除機能も備わっており、鍵の意味もあるため、忘れてしまったり、無くしてしまうと大変なことになります。
さらに、社員証の提示によって割引できる飲食店や商店などもあります。
これらの割引ができるお店にはいくつかの特徴があります。
今回は、ディスカウントができるお店の特徴について、ご説明します。

社員証の提示で割引ができるお店の特徴とは?

社員証の提示で割引ができるお店の特徴とは? 社員証を提示することによって、割引ができるお店は、その企業が入っているオフィスビルの中、もしくは近くにある飲食店や商店などであることが多くなっています。
その理由として、マーケティングの意味があると考えられています。
割引ができることによって、お店側はその会社の従業員に顧客として来店してもらい、リピーターになってもらいたいと考えていると思われます。
また、社員証を見せることによって、オフィスビルから離れたデパートなどでも割引を受けられるケースがあります。
デパート側からすると、ディスカウント代は広告宣伝費として考えており、社員証を持った従業員の人に買い物に来てもらった、口コミで広げてもらいたいと考えていると思われます。

社員証で受けられるお得な割引内容

社員証で受けられるお得な割引内容 社員証は、従業員にとってオフィスドアの解除を行ってくれる鍵の役割を持ち、身分証明書の意味ももつ大切なものになっています。
また、企業側からすると、社員証を使うことによって、出退勤管理などを正確に行うことができ、どのような形で従業員が働いているかを確認するための重要なツールになっています。
そのため、社員証を紛失したり、落としてしまったりした場合、始末書などを提出する企業などもあって、いろいろな手続きが必要になるケースがあります。
落としたものを拾った人が悪用する可能性があり、管理部署である人事部や総務部などは、オフィスへのアクセス権をストップするなど、さまざまな処理を行う必要があるため、紛失に対しては厳しい処置がとられることがあります。
また、社員証を提示することで、お得な割引内容を受けられる企業もあります。
オフィスのテナントが入っているビル内の飲食店や商店での割引を始め、提携先のデパートなどでの買い物について、一定割合のディスカウントが受けられる企業があります。
また、グループ企業の商品やサービスなどがお得に購入できるところもあって、提示することによって、いろいろな割引を享受することが可能になります。

おしゃれな社員証で誰もが憧れる会社になろう

これから働こうとしている人、今現在働いている人は、社員証にどれくらい興味を持っていますか。多くの会社では、写真入りのカードタイプの物を首からぶら下げて使用しているということが多いのではないでしょうか。
しかもその写真は、毎年変わるわけではなく、入職時の若いときの古い写真を使っていたり。
そのような社員証をつけていると、恥ずかしいと感じることもあるでしょう。特に制服がなく、自分の洋服でおしゃれをしていても、その社員証があるためになんだかおしゃれが台無しになるということもあるかもしれませんね。
そのようなことを避けるために、社員証を見直してもう少しセンスの良いものを作りませんか。長年同じものを使用していたら、それを変えることは簡単ではないかもしれませんね。
しかし、今の時代に合ったものを作ってくれる企業もあるのです。社訓や社風、そして制服などを考慮して作成し、誰もがうらやむものを着用できるのが理想です。

社員証がある会社のデメリットとはどのようなことか

多くの会社において、正社員や契約社員、そしてバイトなどの雇用形態にかかわらず、社員証が必要な会社は多いものです。
社員証とはその名の通り「その会社の社員であることを証明するもの」であるため、会社の入退管理で使用されることが多く、入社したばかりのときには仮の社員証が渡されることが多いものです。
このように便利な社員証ですが、デメリットも大きく、入退管理を行うものして使用されている場合は、万一家に忘れたら取りに帰らなければならず、会社によってはそのカードの紛失の際に大きなインシデント事故になることもあります。
場合によると仕事でミスをする以上に重要な問題となるため、紛失には十分注意を払う必要があるのです。
また、会社側としても、従業員数が多くなればなるほど発行枚数が増えるため、管理や発行に掛かる手間や経費が大きくなるというデメリットもあります。そのため、会社の規模や形態で導入するかしないかの検討が必要と言えるでしょう。

社員証はICカードで。持ち歩き不要が当たり前なのです。

キャッシュレス化が進み、誰もが1枚はICカードを利用しているのではないでしょうか。交通系電子マネーなど様々な機能がついた便利なカードも発行されており、市場の流通も目まぐるしいものがあります。
そんな中、社員証をICカードで発行する企業も増えています。ICカードとすることで出社から退社までの勤怠管理が容易になるほか、PCのログイン管理、社員単位での入出エリアの制限、更にはコピー機の使用など様々な面でメリットがあるからと言われています。
また、社員にとっても社員食堂や自動販売機での決済に使える、そもそも鍵や複数の磁気カードなど持ち物が少なくなるといった効果があるようです。
もちろん、社員証をICカードとするにはシステムの導入費用も必要ですし、紛失した場合のセキュリティ対策も重要となってきます。
とはいえ、働き方改革が叫ばれ残業代の未払いや過重労働による過労死防止などのために勤怠管理の厳格化が求められている日本では、社員証のICカード化が進むのは自然な流れともいえます。
「社員証は持ち歩き不要が当たり前」そんな時代はもうすぐです。

社員証による入退室管理と業者への対応について

社員証にicチップを埋め込んで、入退室管理をしている会社も増えています。また、同時にセキュリティの向上を考えてゲート型にしておく事で、関係ない人が入り込んでしまう危険性も防いでくれます。
必ずしも守衛をおいておけるとは限らない会社において、こういったシステムで防犯カメラが設置されていれば、盗みに入ろうと思う人もいなくなるでしょう。
ここで問題になるのは、社員証を持っていないながらも出入りが必要な業者の存在です。定期的に入らなければいけない、マットやコピー機の業者はいちいち許可を取らなければならなくなります。
その対応をする社員の負担も考えると、彼らにも社員証的なものを渡して入れるようにしておく必要があるでしょう。
もちろん情報として社員と区別しておく必要はありますが、渡さないと負担が減らなくなるので、会社同士の信頼に基づいて渡してしまってスムーズな仕事をしたいものです。
ややデメリットとなる部分ではあるものの、重要性を取捨選択しましょう。

最新の社員証管理はアプリで簡単に可能です

「社員証」という言葉を聞くと、会社からストラップとIDケースを支給されて首から下げるものという印象を持っている方が多いはずです。
実際に社員証はそのような形のものが多く、主に勤怠管理や、セキュリティに厳しい会社であれば外部の人間が入れないように自社の社員であることを証明する証として使用されるものですが、最近の社員証事情は少し変わってきています。
ここでは最新のアプリ管理についてご紹介しますので、ぜひこれからの参考にされてみてください。
「社員証アプリ」の大きなメリットは、コロナ禍で在宅が多くなった社員でも、スマートフォンで登録するだけで簡単に勤怠管理を行えることです。
そのため、実際に会社へ足を運ばなくても入退勤の打刻が可能であることと、実際にIDカードを持ち歩かなくても済むため、重大なインシデント事故を防ぐことが出来ます。
もともとIDカードの携帯に慣れていない方でも、スマートフォンは普段から紛失に気を付けている方が多いため、紛失を未然に防ぐことが可能です。

社員証関連お奨めサイト

さまざまな用途に使える社員証の作成

社員証

新着情報

◎2022/8/20

情報を更新しました。
>おしゃれな社員証で誰もが憧れる会社になろう
>社員証がある会社のデメリットとはどのようなことか
>社員証はICカードで。持ち歩き不要が当たり前なのです。
>社員証による入退室管理と業者への対応について
>最新の社員証管理はアプリで簡単に可能です

◎2018/6/1

社員証はストラップを付ける
の情報を更新しました。

◎2018/4/6

アルバイトに貸与する社員証
の情報を更新しました。

◎2018/2/8

退職時に社員証はどうする?
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

社員証に人気のデザイン
の情報を更新しました。

◎2017/9/1

ICカード付き社員証
の情報を更新しました。

◎2017/8/9

サイトを公開しました

「社員 割引」
に関連するツイート
Twitter

芽瑠詩のHPができました!

返信先: ですから 👍

とりあえず兄弟と車の商談するのは決まり。なんだかんだ家族の付き合いとして、新車を買う事になるので、社員割引とかで値引きしてくれると良いのだけれども。車の色がまだ決まらない‼️

返信先:8000件の注文が入っているとか言っているけど、どうやってあの少ない社員数で瓶詰めからシール貼りまでやって出荷とかするんでしょうね 8000件とかはブラフで今回のセール大して売れていないんだと思います 売れまくっているのに最終日に割引率を上げる事自体おかしいです

返信先:うちの嫁さんは薬局で働いてるんだけど、化粧品とかは社員割引で35%引きになったりしてる。 もしそれを10%引きとかで売れば儲けが…… 売主は薬局関係者だったりして🙄